Loading...
Latest news

ACマスターカード審査の口コミは本当?

クレジットカード発行時間は?

ローンなどの金融関係の申し込みをする際に必ず、勤続年数を記載する欄がありますよね。

審査でどんな影響を持つのかが気になったので調べてみました。

ACマスターカードの場合、申し込みは勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でもOKです。

審査では返済履歴など重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど影響力を持たないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまうこともあります。

古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなり働いている期間がバレてしまうことになます。

買い物をするときにキャッシュレスで便利なACマスターカードですがネット上には審査なしでカードは作れるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは発行されません。

基本的には申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

なぜかというとカード会社からすると支払いを建て替えたけどお金が返ってこないということを避けたいからです。

なので申し込みが入ると年収からいくらまで貸せるか、前に公共料金などの返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人にありがちなのが携帯料金の未払いです。

うっかり払い忘れるということがないように気をつけましょう。

ローンやACマスターカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?年収を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性と答える人もいます。

では、実際に審査ではどんな影響があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入はいくらまで利用できるかや毎月の返済額がいくらまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も正社員なら安定した収入が見込める、収入が不安定でムラのあるアルバイトなのかを見られています。

信用情報は水道料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いが行われるかをチェックしています。

ACマスターカードをまだ持っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に落ちると考えている人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトでは都市伝説のような話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイト待遇でも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は年収400万円以上の方向けが多いです。

ネットショッピングをするのにクレジットカードがあると便利と聞いて申し込んだら審査落ちしてしまったという人の話を聞きます。

落ちる原因として多いのがクレジットヒストリーに問題があることです。

例えば、以前借りていた別のカード支払いを滞納してしまった、公共料金の支払いをうっかり忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものは期日通りに払えていないとクレカを発行した後に利用した際、引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあり、返済されないと思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人は金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

就職をして社会人になった際のアドバイスでできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる人も多いです。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

どうしてかというと、早いうちからクレカ決済を利用して正常に利用することでクレヒスが積み上がるからです。

クレヒスが良いとローンを組む際の審査で有利になります。

逆にここでカード決済の返し忘れが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく水道料金などの公共料金や携帯料金をうっかり払い忘れても信用情報にキズがつきます。

最近では、電子チケットの利用が増えるなど様々な場面で使われるACマスターカードですが、申し込みをするのに申し込みに必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社次第ですがマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として提出する必要があります。

他には、利用料金を引き落とすための口座と発行したカードを送ってもらう住所は必要になります。

口座振替依頼書を利用して金融機関口座を登録する場合は、審査に通らない可能性が出るので注意しましょう。

ACマスターカードの審査ポイントは

最近、ライブチケットなどでクレカ支払いのみ対応などACマスターカードが必要な場面も増えてきました。

現在、クレカを所持している方はいいのですが所持していない場合は各カード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを発行する場合、特に心配なのが審査がどう行われているのか、基準は厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、安定した収入があるのかという部分とクレジットヒストリーとも呼ばれる信用情報です。

収入面はローンできる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを発行元は見ています。

ACマスターカードの審査について周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に連絡のないカード会社というものはなく連絡がくる可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いとされるカード会社の特徴としては、スピード審査を宣伝文句にしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、人力でチェックすることができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、連絡が来る可能性が少ないと言われています。

家事手伝いと専業主婦、両方とも仕事で収入を得ていないのは同じですが、ACマスターカードを作る時には大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いを記載した場合はほぼどのカード会社でも審査に通らないと考えていいと言われています。

主婦と書かれている場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。

夫が正社員として働いていて継続して安定した収入が見込めれば返済も大丈夫だろうと判断できるためです。

カードを作ってもあまり利用しないということもあるため新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

例えば、ローンやクレジットカードの申し込みをしたことなどです。

そのため、カードは作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんなことを聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認がかかってくるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行ったデータが見つかりました。

約2割の人が電話がかかってきたという調査が見つかりました。

なので、絶対に連絡がこないカード会社はないと考えられます。

ただ、申し込むカード会社によってはその確率が低いこともあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は低くなっていると考えられます。

ネットショッピングで便利なのでACマスターカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やカードの種類が多くてどれを選べばいいかわからないという場合もあるのではないでしょうか。

審査基準は独自で設けている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社も中にはあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2種類に関してはカード会社から案内されて作れるようになります。

基本的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が重要と言われています。

カード会社選びにランキングサイトも活用してみてください。

ACマスターカードをまだ持っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に通るかわからないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないという話の影響も多少ありそうです。

結論から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを申し込む際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカード会社、コースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客像があり、例えばゴールドカードでは年収が400万円以上の方向けと言うように条件が設定されています。

大きい買い物をする際やネット通販など様々な場面で便利になるACマスターカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのはカード会社の審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレヒスです。

クレジットヒストリーとは、ローンや公共料金などの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はクレヒスを記録している機関に情報照会をして過去に問題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンを組むときなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。