Loading...
Latest news

ACマスターカードの審査が口コミ件の真偽は?

審査で気をつけるべきポイント

クレジットカードについて調べていると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを抱えていてもクレカは作れるの?ということです。

サイトによっては銀行で住宅ローンを借りているからこれから作る信販系のクレカとは関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報を記録しているので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞りなく返済できていれば逆にプラスに判断される場合もあるくらいです。

滞りなくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性やなどの別の部分を考えたほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金や携帯料金の払い忘れなどです。

家事手伝いと専業主婦、この2つは似ているようのも感じますがクレジットカードを作る際などに大きな違いが出てきます。

職業欄に家事手伝いと載せたした場合はほぼどのカード会社でも審査に落ちると考えていいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通る場合があります。

その理由としてはどちらも収入はないのは同じですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。

夫が正社員として継続して安定した収入があれば返済もできるだろうとカード会社は判断できるためです。

作ってもあまり利用しないということもあるため新たに作る場合は年会費無料のカードに申し込みましょう。

最近、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

イベントによってはクレジットカード払いしかできないなどクレカを持っているのが当然のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、ACマスターカードを作ろうとした際に審査通らないということがないように大切なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、信用情報は問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、フリーターなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると噂されています。

信用情報については支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

よくCMなどで見るクレジットカード会社と聞いてみなさんがイメージするのはどの会社ですか?大半の人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っていて利用しているカードです。

クレカが欲しいと考えている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが一番知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査基準を公開していませんが審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用情報です。

勤務先の情報などをうっかり入力ミスで間違えても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性が出てくるので気をつけてください。

最近、イベントなどの電子チケットなどでクレカ支払いのみなどACマスターカードが必要な場面も増えてきました。

現在、クレカを持っている方は問題ないですが持っていない場合は各カード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを発行する場合、特に心配なのが審査がどうなっているのか、基準は厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と他にローンを借りているかなどの信用情報です。

収入面は年収などから返済能力がどのくらいあるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。

ACマスターカードをまだ持っていない社会人の方の中には雇用形態が契約社員なのが不安で申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説のように言われている契約社員やアルバイトでは都市伝説のような話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、非正規雇用待遇でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客層があり、例えばゴールドカードの場合は年収400万円以上の方向けが多いです。

クレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカードを発行している会社やカードの種類が多くてなにを選べばいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を作っている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2つに関してはカード会社から招待されないと作れません。

自分から能動的に申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が重要と言われています。

早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

ネットショッピングで使えるクレジットカードは

ネットショッピングをするのにクレジットカードがあると便利なので申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる理由として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンの返済を滞納してしまった、公共料金の支払いをうっかり忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものはしっかり返済していないとクレカを発行した後の利用で引き落とし日に口座にお金が入っていない可能性があると思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが理由の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

ACマスターカードをまだ利用していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている非正規雇用ではカードが作れないという話の影響も少なからずありそうです。

結果から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカード種別に想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けや30歳以上など設定されています。

クレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど様々な種類が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を設けている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社も中にはあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

基本的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

カード審査では年収と信用情報が重要と言われています。

カード会社選びにランキングサイトも活用してみてください。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増えてきました。

場合によってはACマスターカード払いのみなど現代では必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードを申し込んだ時に審査通らないということがないように大切なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの申込者の属性がどうなのか、信用情報は問題ないかという部分です。

例えば、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると聞くことも多いです。

信用情報については支払い期限があるものがちゃんと払われるかを見られています。

各種ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を書く欄がありますよね。

審査でどんな影響を与えるのかが気になったので調べてみました。

ACマスターカードの申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年以下でも大丈夫です。

審査では返済履歴など確認が重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、最近では転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまうこともあります。

古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなり働いている期間がバレてしまうことになます。

就職をして社会人になった際になるべく早く用意したいものとしてACマスターカードを挙げる先輩社会人も多いです。

大学生のうちに持っておくべきという人もいるくらいです。

その理由としては、早いうちからクレカ決済をクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む場合の審査で有利になります。

逆にここでカード決済の返し忘れが複数回続くとクレヒスが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金の払い忘れもクレヒスに影響がありますクレジットカードについて調べていると時々このような話を聞きます。

それは住宅ローンを契約していてもクレカは作れるの?ということです。

サイトによっては銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカを作るときには関係ないという人もいますが両方とも信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを問題なく返済できていれば逆にプラスに判断される場合もあるくらいです。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に通らなかった場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

特に見落としがちなのは不注意からくる公共料金の払い忘れなどです。