Loading...
Latest news

ACマスターカード審査の体験者の口コミをまとめてみた

雇用形態によりクレジットカードの審査基準は変わる?

クレジットカードをまだ所持していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に通るかわからないという人もいるようです。

都市伝説のように言われている契約社員やアルバイトではカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイト待遇でも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、申し込んでいるカードが年収に見合っているか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報にトラブルが発生していないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方で30代以上の方向けと言うように設定されています。

ネットで買い物する際に使うACマスターカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど種類が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を持っている場合が多く中には審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉をドラマなどで聞くこともありますがこの2つに関してはカード会社から招待されないと作れません。

自分から能動的に申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

申し込む場合は年収と信用情報が重要と言われています。

カード会社選びにランキングサイトも活用してみてください。

最近、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

イベントによってはACマスターカード払いのみ対応などクレカを持っているのが当然のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードを作ろうとした時に審査通らないということがないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などはどうなのか、信用情報にキズがないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると予想されます。

信用情報については支払い期限があるものがちゃんと払われるかを見られています。

ローンやクレジットカードを申し込む際に重要なことって何かわかりますか?年収と答える人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性と答える人もいます。

では、実際にこれらの要素は審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があればいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も正規雇用なら安定した収入が見込める、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、支払い期日が守られるかを見ています。

高額な買い物をするときの支払い方法を皆さんはどうしていますか?現金主義な人の場合は現金払いだと思いますが多くの方はACマスターカードで払う方が多いのではないでしょうか。

ただ、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないとクレカ払い以外しか利用できません。

初めてカードを作るときについて説明します。

申し込みをするにはショップ窓口で申し込む方法や手軽に行えるネットでの申し込みがあります。

申し込み時に年収などを記入する必要があるので事前に確認しておきましょう。

カード審査の期間は即日出ることが多いですが実際にカードが手元に届くまではもう少し時間がかかります。

ネットショッピングなどをする際に荷物受け取り時にお金を用意せずに済む便利なクレジットカードですがカード会社に申し込み、審査に合格しないと発行されません。

審査で重要なのは継続して安定した収入が入るのかと信用情報です。

クレヒスとはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。

そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことは大切です。

最近、若者を中心に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れだけでなく、たまたま口座にお金がお金が入っていなくても止まることがあるので気をつけましょう。

大きい買い物をする際やネットでの買い物など使う場面の増えてきたACマスターカードですが、社会人なりたての人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって不安なのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

信用情報とは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルが発生していないかを確認しています。

住宅ローンを組むときなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

社会人になったらマスターカード作ろう!

社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてACマスターカードを挙げる人も多いです。

なるべくなら大学生のうちに作って利用しておくべきという人もいるくらいです。

どうしてかというと、早いうちからクレカ決済を利用して返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンが必要になった際の審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際にマイナスに作用します。

クレカの支払いだけでなく水道料金などの公共料金や携帯料金をうっかり払い忘れても信用情報にキズがつきます。

買い物をするときにキャッシュレスで便利なACマスターカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問をする人をよく見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行はできません。

申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

その理由としてはカードの発行元からすると支払いを建て替えたけどお金が返ってこないということを避けたいからです。

なので申し込み時に教えられた年収どの情報からいくらまで貸せるか、以前、返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が引っかかるポイントで多いのが携帯料金の未払いです。

公共料金の払い忘れなどはカード審査だけでなくローン審査にも関わるので気をつけましょう。

ACマスターカードについて調査していると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを抱えていてもクレカは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを問題なく返せていれば逆にプラスに捉えられることもあるくらいです。

滞納せずにローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金や携帯料金の払い忘れなどです。

高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金でしか払わないと決めている人も中にはいると思いますが多くの方はACマスターカードで払う方が多いのではないでしょうか。

ただ、大学生や社会人になりたての場合はカードを持っていないこともあります。

審査をしてカードを発行しないとクレカ払い以外しか利用できません。

初めてカードを作るときについて説明します。

申し込みをするにはショップ窓口で申し込む方法やスマホなどで手軽にできるネットでの申し込みがあります。

結果がわかるまでの審査期間は即日が多いです。

カード審査の期間は即日出ることが多いですが実際にカードが手元に届くまではもう少し時間がかかります。

高額な買い物をする際に現金を準備せずに買い物ができるACマスターカードは非常に便利ですがカード会社に申し込みをして審査に通らないと発行されません。

申し込み時に重要なのは安定した収入があるかとクレヒスです。

信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。

そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことは大切です。

最近、若者を中心に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、口座から出金したタイミングで入っていなかったということもあるので注意しましょう。

ローンやACマスターカードの申し込み時に重要なことって何かわかりますか?収入を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば借入できる金額や毎月の返済額がいくらまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も正社員なら安定した収入が見込める、収入が不安定なアルバイトなのかを見ています。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、ちゃんと期日通りに支払いが行われるかを見ています。

クレジットカードを申し込んだ時にカード会社側には収入証明を提出していないのにどうやって収入を確認しているのでしょうか。

実は審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を知っているはずがないので当然ですね。

同じ業界、同じ職種で勤続年数が何年くらいだから過去の利用者の中から同じ業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいもらっているだろうというデータがあり、そのデータと照らし合わせて変な部分がないかと見ています。

そのため、よほどの乖離がなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

違いが大きいと判断された場合は収入証明書の提出が必要になります。