ペットローンの審査を急ぎで探すときの候補について

パートやアルバイトの人がペットローンを組む場合には借入条件が厳しくなったり、制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも「安定かつ継続した収入」が条件になりますので勤務期間は最低でも継続1年以上はないと厳しいでしょう。

また、イオン銀行の場合では前年度の税込み年収が200万円以上という条件がありますがスルガ銀行は年収制限がありませんので、アルバイトでも申請可能です。

信販会社ではオリコが使途にペット購入費を認めている多目的プランというのがありますがこちらも満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでもローンを組むことができます。

消費者金融にはペットローンというローンの提供はされていませんがプロミスの目的ローンなら、収入の1/3以内ならアルバイトでも融資を受けることができます。

銀行と消費者金融にはローンの提供がありますが消費者金融の場合は収入の1/3を超える借り入れを禁止している総量規制が適用されます。

パートをしている主婦の場合は年収の1/3以内でしたら消費者金融で融資を受けることができますが専業主婦だと消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行の場合は総量規制の適用外なので専業主婦でも借入可能ですがペットローンは、必ずしも借り入れできるとは限りませんので注意が必要です。

スルガ銀行の場合だと「安定した収入がある方」という条件がついており条件によっては収入確認資料の提出が必要になることもあります。

イオン銀行でもペットローンはありますが、専業主婦や無職の人は申し込めませんので専業主婦の方は、現金で購入するかご主人にローンを組んでいただくしかありません。

大手ショッピングサイトを運営している楽天ですがペットローンはやっていません。

楽天銀行にはスーパーローンという使途が自由なカードローンがありますがその他には教育ローンやブライダルローンといった目的型ローンがあります。

銀行の目的型ローンというのは使途が限定されるだけで内容に規定はないのが一般的なのですが楽天銀行の場合はブライダルローンはブライダル専用(金利年7.0%)というように使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、自動車ローンもありますが楽天銀行の自動車ローンは通常のカードローン(楽天スーパーローン)での対応になります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、他のローンはすべて通常のカードローンになりますのでペットローンにこだわらなくて大丈夫です。

三井住友のセディナにはペットローンというローンはないのですが総合目的ローンという商品を利用することができます。

セディナの総合目的ローンは入院や結婚式など大きな資金が必要になったときに利用出来るローンになっています。

ペットショップから発行された契約書などがあれば動物の購入にも利用できます。

申込条件は満20歳以上で、安定継続した収入があることや、勤続年数が1年以上などといった規定があります。

融資額は5万円から300万円で、担保や保証人不要、返済期間は最長5年(60回)なので、安心して利用することができますね。

ペットローンを提供している銀行は少なくほとんどの場合で目的別ローンというローンで対応しています。

ペットローンを販売している銀行はイオン銀行やスルガ銀行などがあり、信販会社のペットローンよりも低金利で利用することができます。

イオン銀行の場合は金利が年3.8%から年8.8%で最高借入金額は30万円から700万円、借入期間は8年まで、繰り上げ返済手数料は無料です。

スルガ銀行の金利は年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年です。

銀行のペットローンはとても魅力的なのがお分かり頂けたかと思いますがそれだけ審査が厳しくなっているのは否めません。

ペットローンとはペットショップなどで動物を購入する場合に用意されているローンです。

比較的安価な柴犬でも20万円前後が相場ですしトイプードルやロングチワワになると、相場は30万前後となります。

猫の場合だと、アメリカンショートヘアーやスコティッシュフォールドは20万円から28万円が相場となっていてブリティッシュショートヘアーでは21万円から38万円もの価格になります。

更に血統書の有無でも価格が大きく変わることがありますからペットショップで動物を飼うということは、決して安い買い物ではないのです。

特にペット選びというのはビビッときた子が運命の出会いですからすぐにお迎えするにはペットローンを有効に利用したいですね。

ペットショップで有名なコジマでペットを購入し、ペットローンを組む場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を通過する必要があります。

コジマと提携している信販会社はジャックス、セディナ、オリコなどがありますが、多くの信販会社ではペットローンの取り扱いはなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるようになっています。

目的別ローンとは使途が限られている反面、低金利で融資可能なローンのことで代表的なものは、自動車を購入する際のマイカーローンなどがあります。

信販会社のオリコは多目的プランという名称で最高300万円まで融資を受けることができ、金利は6.0%から13.2%です。

セディナの場合は総合目的ローンという商品で最高300万円、金利は7.8%から11.8%です。

ペットもケガや病気になる可能性はあるのですが人間のような医療保険制度は未成熟だったりします。

ですから、ちょっとした通院でも全て実費で計算されるので生体代金よりも高くつくことも覚悟していなければなりません。

ペット保険が普及しつつありますが、掛け金が高額なのに対し給付金が少額だったり給付条件が厳しいなどあまり実用的でない保険も多く見受けられます。

また、ペットが若いうちは健康ですから、保険の必要性を感じられないためペット保険に入るだけ無駄だと感じる人もいるでしょう。

最近は、転ばぬ先の杖としてペット保険を選択するよりも転んだ時の対策としてペットローンでまとまったお金を用立てるという人も多いようです。

参照:ペットローンの審査が甘いのはどこ?お急ぎの方にも対応できる借り入れ先

ペットローンを利用してペットを飼いたいんだけど年収が低くて審査に通るか不安などローンを組む勇気が持てないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンの申し込み条件として「安定かつ継続した収入があること」が挙げられていることが多く明確な年収制限があるのはイオン銀行くらいです。

ペットローンでは収入があれば非正規雇用でもOKというローンが多く年収よりも、安定かつ継続していることの方が大切なようです。

もちろん、年収は多いに越したことはありませんがそれよりも勤続年数が1年以上(できれば3年以上)ある事の方が重要です。

他にも、過去にローンの遅延や債務整理はないかなど、返済状況や金融事故歴があるほうが、審査の壁となるでしょう。

ペットショップで扱っている生体は数十万円もすることがあるので現金一括払いという人は少数派だと思います。

ショップも動物が売れないことには困ってしまいますから信販会社と提携してペットローンを組めるようしています。

ショッピングローンというローンは代金を信販会社が立て替えて購入者は信販会社へ利子を付けて分割で返済していくことになります。

クレジットカードでショッピングするのと同じと思われがちですがショッピングローンというローンは購入対象の商品だけのローンになります。

信販会社のローンはショッピングローンなので審査結果早いのですが、追加融資などは受けられません。