アイフルの通るから分かる審査の実態とは?

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを見れば一目瞭然です。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

又、消費者金融アイフルの一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

消費者金融のアイフルのキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

また、消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規アイフルのカードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

お金を借りることができる金融機関には銀行の他にも、消費者金融やクレジットカードなどがあります。

一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で売上を確保して企業としての利益を上げています。

消費者金融の金利と銀行金利を比較してみると通常は銀行の金利の方が低く、消費者金融の金利の方が高いと言われています。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますからあながち消費者金融アイフルのほうが高金利であるとは言い切れません。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては金利が安い、審査が早いなどがあげられます。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるといずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

消費者金融のアイフルのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されアイフルのキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内でアイフルの借りやすいキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

複数の消費者金融アイフルから融資を受けている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時の強い味方がカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行法とは異なります。

参照:https://www.vsnumber.com/cashing/

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがアイフルのカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

これに対して、アイフルのカードローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためアイフルのカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますが一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますからかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

消費者金融のアイフルのキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

アイフルのカードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

ですから、カードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、アイフルのカードローンは解約しておいたほうが無難です。